男女共同生活における友好的トイレ使用法についてまじめに考えた

結婚生活が始まって、「トイレ問題」に直面し 効果的な解決法を模索していたんだけど、
この度ちょっと自分自身で納得の出来る対策を講じれたので書きました。
まず問題点の整理から
男 サッと終わるし小便は立ってする
女 飛び散るからやめて欲しい
「ちょっと! トイレにおしっこ飛ばさないで!! 掃除するの誰だと思ってるの!」
これはどの家庭でも少なからず起こっていることじゃないだろうか。
男性サイドからの意見を言わせてもらうと、
立ってするのと、ズボンを下ろして座ってするのでは労力が全然違う。
これは立ってしたことのない女性には理解しづらい点だろう。
しかし、わずかな想像力を働かせて相手の立場に立ってみると
汚れた便器をふくっていうのは結構嫌な気分になる。
それがしょっちゅうだとしたらなおさらだ。
そこで2か月の研究からはじきだしたベストアンサーがこれだ!!
そう、命名するなら「スクワット小便」
略して「スクしょん」
このメリットについて真面目に述べていくと、、、
① トイレの時間は立ションとほぼ同等
② 便器への飛び散りの大幅減少
③ 約20秒間の足腰の筋トレ
「飛び散りを無くす」という相手が望む結果を得られると共に
「時間短縮」「めんどくささ」という自らのニーズも満たし
なおかつ「下半身の筋トレ」というおまけまでついてくる。
相手を変えるのではなく、自らが変化してく。
そうすると毎日はもっと生きやすくなってくるんじゃないだろうか。
最後まで読んで頂きありがとうございました。
ぜひ家庭に平和を取り戻して下さい。
   DIY LIFE 大澤 勇

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です